カウンター
146

インフゾリア繁殖 実験 4日目(終了)

にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村

前回記事(実験考察)
前回記事(実験開始)

実験の結果を先に言いますと
目視で確認できるレベルのインフゾリアの確認は出来ませんでした。


インフゾリアとは、「動物性プランクトン」の総称のようで
種類と大きさを調べてみました。

アメーバ 0.01mm~ 0.1mm
ゾウリムシ 0.09mm~ 0.15mm
ラッパムシ 0.2mm ~ 2mm
ツリガネムシ 0.05mm~ 0.1mm
ワムシ 0.1mm ~ 0.3mm
ミジンコ 1.5mm ~ 3.5mm


※後日記述しますが、ゾウリムシは目視で確認できる大きさなので

今回の実験結果の 目視で確認できない ということは
インフゾリアは発生しなかったと言えると思います




考えられることは、 インフゾリアの発生には特定の条件(水温・水質など)がある可能性もありますが、
それだと皆さまの水槽でも同じように インフゾリアが発生しない水槽が多数発生するとおもいます
それだと あまり意味がないですよね?

作成者のEverGreen様のネットを見てみましたが、流れがない場所でも大丈夫とも取れるような記載もある
なのでペットボトル内でもインフゾリアの発生には問題ないと思うのですが。。。


次記事にてゾウリムシの繁殖実験を行います。
これは 見た方がいいと思いますよ


※下記画像・動画は4日後の物です。再生しても特に何も写っていません
 それらしき物体はありますが、インフゾリアの素だと思います。
 それか強力わかもとの溶けた物だと思います


25156.jpg
[広告] VPS



25158.jpg
[広告] VPS



25157.jpg
[広告] VPS




25159.jpg
[広告] VPS



25160.jpg
[広告] VPS
にほんブログ村 観賞魚ブログ レッドビーシュリンプへ
にほんブログ村
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
 
Return to Pagetop